TOP ≫ CATEGORY ≫ 旅
CATEGORY ≫ 旅
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

大同の食器

鼎泰豊やそのほかのお店でもよく使われている大同の白い食器。

140427-大同食器01


この大同の食器が安く買えるお店があると聞いて、行ってきました!

『iUSE 專業餐飲器皿專賣店』
住所:台北市民權東路六段18-3號1樓
http://www.iuse.com.tw/


140425-iuse

いくらだったか忘れてしまったけど、なんせお安い!

140427-大同食器02

この、レンゲとお箸置きがめっちゃ欲しかったのです~~!
他にもたくさんあったけど、今回は↑を家族分だけ買いました。
食器好きなので、いっぱい買って帰りたかったけど、荷物になるので泣く泣く諦めた(>_<)
でも、台北行くたびにちょこちょこ買いに行ってしまいそう~~~

スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-) |

朝ディン

日曜日(4/27)の朝食は、永康街の鼎泰豊本店へ。
MRTの東門站が出来て、ほんま便利になったね~

140427-MRT東門站

5番出口でたら、もぅすぐ目の前っすよーー!

140427-鼎泰豊

いつも待たなくちゃ入れない鼎泰豊本店も、朝の開店時間だと待たずに入れま~す。
朝マックならぬ朝ディン(笑)
さぁ朝からガッツリ食べますよーー
小菜や空芯菜、炒飯と・・・

140427-小菜 140427-A菜

140427-空芯菜 140427-炒飯

小籠包~~~~

140427-小籠包 140427-ぷるぷる~

1個300円くらいする、トリュフ入りの小籠包、「松露小籠包」

140427-松露小籠包

ま、ふつうのが一番美味しいんだけどねー(^^;


そして、最近お気に入りの「蝦肉紅油抄手」
ピリ辛えびワンタン♡
梅田の鼎泰豊で食べてから、お気に入り

140427-蝦肉紅油抄手

辛いののあとは、甘いもの♡
あんこ小籠包と、タロ芋の小籠包で締めました~^^

140427-豆沙小包 140427-芋泥小包
  
ごちそうサマ♡



Comments (3) Trackbacks (-) |

海鮮居酒屋で食べまくり

台湾2日目の夜は、友人おすすめの海鮮居酒屋へ~!
MRT行天宮站から歩いて5分ほどで、地元民でにぎわうお店に到着。
お店の前には、新鮮なお魚や野菜が並んでます!

140426-紅翻天01

白いご飯はセルフで食べ放題。調味料もセルフです。
ビールなど飲み物も、冷蔵庫からセルフで!

140426-紅翻天02

初めてだったので、オーダーは友人と台湾人のお友達におまかせだったけど、
オススメどおり、どれもこれもホントに美味しかった~!!

140426-紅翻天04

客家小炒(豆干の炒め物)、ご飯に合うお味 美味!


140426-紅翻天05 140426-紅翻天06

炒山蘇(山蘇シャンスの炒め物) と金針花


140426-紅翻天03

炸牛蒡天(牛蒡チップス)
ビールのあてにサイコー!!(←ビール飲まないけど) 
店内見渡すと、ほとんどのテーブルにこのゴボウの山があるくらい、みんな食べてたヨ!


140426-紅翻天07 140426-紅翻天08

水連の炒め物とタケノコの炒め物(炒劍筍)
これら熱炒(炒め物)は、だいたい100元~120元です。安くてウマイ!!!


140426-紅翻天10

宮保皮蛋(ピータンの唐辛子炒め)
ピリ辛で超ウマイ!!!これが一番気に入った~!
コレさえあれば、白ご飯何杯でもいける。


140426-紅翻天09

石狗(シーゴウ)の蒸したの
これも美味しかった~~石狗ってカサゴなんだって。


140426-紅翻天12 140426-紅翻天11

海老 と イカの塩焼き


140426-紅翻天13

鳥魚子(カラスミ)280元。
ねっとりと美味しい~


140426-紅翻天14

炒飯 90元
今回の旅でも、いろんなお店で炒飯食べたけど、このお店の炒飯が一番うまかった!
でもねー 熱炒がごはんに合うからって、セルフで食べ放題の白ご飯を調子にのって食べ過ぎると、この美味しい炒飯が食べられなくなっちゃうから要注意。


初めての生猛海鮮だったけど、安いし美味しいし、このお店めっちゃ気に入った!
なんせいつも地元の人でいっぱいなので、開店の17時めがけて行くのが待たなくていいんだって。
どうりで、食べ終わって店を出たら、、、

140426-紅翻天15

店前の歩道にもテーブルが(笑)待ってる人もたくさん居てました~



紅翻天 生猛活海鮮
台北市.中山區.吉林路239號
TEL: (02)2537-1629
營業時間: 下午5:00~凌晨1:30








Comments (2) Trackbacks (-) |

バスの旅

石牌站からバスに乗って、天母へ。

140425-バス停

悠遊卡があれば、MRTを降りて1時間以内にバスに乗れば、料金が半額(7元)になるんだって~ 安い!

140425-バスの中

3月に旭さんと蔡導演が訪れたCafe、 『topo+cafe』
照明がステキ♡

140425-TopoCafe-01 140425-topo+cafe店内

140425-topo+cafe照明01

ケーキとフルーツティをいただきました。
ケーキ美味しかった!フルーツティは薄かった・・・^^;

140425-topo+cafe-cake

topo+cafe' 及拓樸本然空間設計
台北市士林區中山北路七段38巷7號






台北轉運站から長距離バスで羅東へ、片道70分のバスの旅。

140427-台北轉運站

なんでミシン目で切らずに、角をちぎるのか?

140427-チケット 140427-車内

ながーいトンネルを抜けると、なんだか見慣れた風景が(笑)
宜蘭はめっちゃ地元に似てる!(←田舎ってこと ^^;)

向かった先は、予約必至の宜蘭の鉄板焼き屋さん『響宴食坊』

140427-響宴

140427-饗宴21

なんで宜蘭くんだりまでわざわざ行ったかというと、コレ↓です。

140427-響宴食坊02

去年の東京でのファンミで、家族と行ったと言うてた鉄板焼き、
お店の名前までは言わなかったけど、証拠のサインがほら!
民国102年(2013年)2月12日に、ご来店~^^

140427-饗宴サイン裏

で、70分もバスに乗って、わざわざ行った鉄板焼き、
お味のほうは、マジ美味しかったっすーーーー!!!

140427-饗宴01 140427-饗宴02 140427-饗宴03

140427-饗宴04 140427-饗宴05 140427-饗宴06

140427-饗宴07 140427-饗宴08 140427-饗宴09

140427-饗宴10 140427-饗宴11 140427-饗宴12

140427-020.jpg 140427-饗宴13 140427-饗宴14

140427-饗宴15 140427-饗宴16 140427-饗宴17

140427-饗宴18 140427-饗宴19 140427-饗宴20

伊勢海老のウニ焼きと、フォアグラの肉巻きが、めちゃウマーーーー!!!
伊勢海老もう一回食べたいよぅ~~~~伊勢海老~~~~
伊勢海老の旨さが忘れられない~~~

140427-響宴食坊01

いつの日か、また行けたらいいな~

饗宴食坊
宜蘭県羅東鎮河濱路326号



Comments (0) Trackbacks (-) |

象山に登ってみた!

台北101近くの象山へ登ってみました!
MRTが開通して、象山站で降りたら10分ほどで登山口だし、頂上からの眺めは絵葉書みたいらしいし、白色巨塔のロケ地でもある(←これがメイン?笑)
でも、体力に自信の無い私たちは、蘇先生が駆け上がった登山口から登るのをあっさり諦め、
台北ナビに載ってた、市立療養院近くから登るコースで行くことにした。^^;

タクシーで市立療養院前で下ろしてもらったら、すぐ横に入口が~

140426-象山登山歩道入口

と思ったら、ここから本当の入口まで、かなりの坂道・・・すでにへこたれそうな私たち^^;
入口までタクシーで行けばよかった・・・

入口に着くと、象さんたちがお出迎え~

140426-象さんたち

この象さんの後ろの階段から登ります!

140426-さぁ登るで~!

始めのうちは、周りの自然を楽しみながらハイキング気分♪
しかし、しばらくすると、

140426-階段きつい

そそり立つ壁のような急階段 (;´Д`A
えっと、こっちは楽ちんコースだったはず・・・どーいうこっちゃ?!

ひーこら言いながらひたすら階段を登ると、
お~、もうすぐ頂上?!

140426-もうすぐだー!

岩の間から、101が見えました!!

140426-台北101

たぶん蘇先生の登った岩で、白色ごっこ(笑)

140426-蘇先生ごっこ

頂上からの眺めはサイコー!

140426-台北101

展望台にも象さんが~

140426-展望台の象さん

途中出会ったベテラン山ガール達と合照^^
道案内してくれたり、足元おぼつかない私たちに手をかしてくれたり、
おそらく私たちより年上なのに、いろいろ世話を焼いてくれて、
ステキな山ガールさんたちでした♪ 謝謝你~♡

140426-山ガール達と合照


さて、登ったら今度は降りなきゃいけません。
帰りは蘇先生が登ってきた登山道を下りたんだけど、これがまたキツい(;´Д`A

140426-下り その1

140426-下り その2

140426-下り その3

もう足はガクガク、汗ダラダラで、キツすぎる~~~~
下りでこんなにしんどいんだったら、上りだとどうなってたか(;´Д`A
やっぱりこっちから登らなくてよかった・・・

でも、地元の皆さんは、老若男女いろんな方が登ってはるのよねー
途中でバテて休憩してたら80歳のおじいさんにまで、日本語で励まされた^^;

やっと登山口まで降りてきました。
蘇先生が駆け上がったのはこのあたり。

140426-登山口

あーつかれた。やはり山を舐めたらあかん!!
下山してからも、しばらくは膝が笑ってたわ~
おかげで次のロケ地での記憶がほぼ無いし(爆)





Comments (0) Trackbacks (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。