TOPスポンサー広告 ≫ 彩虹眷村TOP ≫ 彩虹眷村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

彩虹眷村

3日目は高鐵に乗って、初めての台中へ向かいました
一番の目的は、仔仔の映画『愛妳一萬年』のロケ地にもなった「彩虹眷村」です!

愛你一萬年

これね、中文字幕でしかみてないけど、面白かったなぁ~ 
もっかいちゃんと観なあかんなぁ~


高鐵の台中站からタクシーで「彩虹眷村」まで約10分ほど
村の近辺は、大学や小学校があって閑静な住宅街というか・・・タクシーはおろか車でさえあまり通らないようなところにひっそりある感じ
帰りの足が心配だったので、乗ってきたタクシーの運転手さんに電話番号を教えてもらって、電話して迎えに来てもらうことにしました
(これがこのあと、思わぬ展開に・・・)


村の入り口

このフェンスの間をずんずん歩いてって、駐車場に行き着いたら右へ曲がると、
もう絵が見えてきたぁ~~!

彩虹眷村

この日は土曜日だったので、観光客とカメラ親父たち、それに雑誌の撮影らしき人たちも居て、かなりの人出でした


「眷村」とは、元軍人さん達が助け合いながら暮している集合住宅で、台湾各地にある「眷村」は、老朽化や治安の悪化、住人の減少などの理由で取り壊され、建て替えられていて、台中市のここも住人は3世帯のみで再開発の対象地区となり、やがて取り壊される運命だったそうです

そんなある日、ここに住む一人暮らしの黄おじいちゃんが突然、習ったわけでもないのに壁に絵を描きだしたのです!黄おじいちゃんの描き出す世界はどんどん広がり、「眷村」全体が色彩豊かな素晴らしい絵で埋め尽くされるように・・・
やがて噂を聞きつけた人々がやってきてFBやブログで紹介、この眷村は「彩虹眷村=虹の村」と呼ばれるようになり、取り壊しが決まっていた「彩虹眷村」は、ネットでの存続運動の甲斐あって再開発地区から外され、公園として残されることになったそうです


家の壁、レンガの塀、道にまで黄おじいちゃんの絵が描かれています
そのどれもがカラフルでユニークで可愛くて、とても80歳後半のおじいちゃんが描いたとは思えない~!

彩虹眷村

彩虹眷村 彩虹眷村

彩虹眷村 彩虹眷村

彩虹眷村 彩虹眷村

彩虹眷村

彩虹眷村

彩虹眷村

彩虹眷村

素敵すぎる!!
ほんと素晴らしい!としか言いようがない~!!




黄おじいちゃんにも会えた~!
これからもお元気で、ずっと絵を描き続けてね~~!!

黄じいちゃんと


週末だったからか?わからないんだけど、村の入り口のところに謎のミュージシャンが居てて、

謎のミュージシャン


なぜかこんな状態に・・・

記念写真?

モザイク無しです(爆)

Comments (0) Trackbacks (-) |

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。